学術論文

基本情報

氏名 ケニヨン 充子
氏名(カナ) ケニヨン ミチコ
氏名(英語) Kenyon Michiko
所属 大学 看護
職名 准教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

発行又は発表の年月

201201

学術論文名

不育症患者の支援における当事者組織活動の重要性─ピア・カウンセリングを含めて

単著・共著の別

共著

発行雑誌等又は発表学会等の名称

「助産雑誌」

 

 

開始ページ

 

終了ページ

 

概要

不育症患者への支援に共通する方向性を検討し、特に当事者同士の支援である不育症当事者組織の必要性についてまとめた。不育症当事者組織の在り方とタイプ、組織の特徴、共助(相互支援活動)とピアカウンセリングの効果と注意点、セルフケア、公的支援についてそれぞれ詳細に解説した。必ずしも十分な体制を整えることが出来ない臨床現場であっても、当事者組織を含めた多くの資源を活用することで必要な支援を当事者に届けることが重要であるとまとめた。
文献検討、結果の解釈、論文の構想等を分担した。
pp.838-844
共著者:竹ノ上ケイ子、伊藤美奈子、中北充子