教育方法の実践例

基本情報

氏名 宇野 直人
氏名(カナ) ウノ ナオト
氏名(英語) Uno Naoto
所属 国際学部
職名 教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

年月日(開始~終了)

1989/04 ~ 1990/03

事項

復習レポートによる学生の理解度確認と授業設計

概要

早稲田大学第一文学部中国文学科の専門科目「中国文学演習」(3年生40人クラス)において実践した。
毎時限の授業内容に関連するテーマを各自に設定させ、それに基づくレポートを次回の授業時に提出させる。
レポートは必ずしも正・誤の観点からではなく、問題への着眼のおもしろさ、問題展開の真摯さの観点から評価し、次の授業時にコメントや添削を施したものを返却する。これによって、学生は一定の目的意識をもって授業に参加でき、教員は学生の理解度や関心の方向を把握し、それに配慮した内容を授業に盛り込むことができた。