学術論文

基本情報

氏名 長崎 巌
氏名(カナ) ナガサキ イワオ
氏名(英語) Nagasaki Iwao

発行又は発表の年月

200104

学術論文名

「再考 茶屋染」

単著・共著の別

単著

発行雑誌等又は発表学会等の名称

東京国立博物館 『MUSEUM』第571号

 

 

開始ページ

 

終了ページ

 

概要

様々な考察が行われながら、多くの疑問点を残している、「茶屋染」と呼ばれる特殊な染色技法について、その出現当初(十七世紀後半)から末期(十九世紀半ば)に至る内容の変遷と技法の実態について文献資料と現存作品から考察した。現在「茶屋染」として認識されているものに相違点が見られた。また現存遺品から初めて「本茶屋染」「茶屋辻」と墨書された作品が発見され、仮説を裏付けることができた。技法に関しては小袖雛形本に見られる記述からその変遷を明らかにできた。p35~59