学術論文

基本情報

氏名 杉村 使乃
氏名(カナ) スギムラ シノ
氏名(英語) Sugimura Shino
所属 大学 文芸
職名 教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

発行又は発表の年月

199803

学術論文名

「家庭」に帰るヒロインたち :Anne Bronteの小説の構造

単著・共著の別

単著

発行雑誌等又は発表学会等の名称

Veritas No.20 日本女子大学大学院文学研究科 英文学専攻

 

 

開始ページ

 

終了ページ

 

概要

アン・ブロンテの『アグネス・グレイ』(1847)、『ワイルドフェル・ホールの住人』(1848)では、恋愛や結婚における女性の立場の弱さが強調される。しかしながらヒロインは最終的に「家庭」にたどり着く。これは作者が当時、女性が与えられた領域の中でいかによりよく生きることができるのかを作品の中で探求した結果と考えられる。*『英語年鑑』(2000)にて、その年、注目された論文として取り上げられた。