学術論文

基本情報

氏名 上淵 真理江
氏名(カナ) ウエブチ マリエ
氏名(英語) Uebuchi Marie
所属 短期大学 文科
職名 教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

発行又は発表の年月

201507

学術論文名

食行動障害および摂食障害群の回復~臨床家体験を踏まえて~

単著・共著の別

単著

発行雑誌等又は発表学会等の名称

共立女子大学文芸学部 文学藝術 第39号pp19-25

 

 

開始ページ

 

終了ページ

 

概要

摂食障害の回復のこつについて述べた。例えば、「治りたくない気持ち」を抑えつけないで「治りたい気持ち」と「治りたくない気持ち」の両方をそれぞれ言い分をじっくりとカウンセラーは聴くことが重要である。また逆説療法により「毎日必ず食べ吐きを一回するようにカウンセラーが命令」することで「過食嘔吐」のメリットを下げる方法がある。更に思春期痩せ症の場合、ダイエットが過度であると、脳が萎縮して、勉強に支障が出ると伝える方法もある。真面目な完ぺき主義である摂食障害の方が多いので成績が悪くなるのは本人にとってダメージであるため、拒食症を治そうとするケースも多い。その他も回復のコツを述べた。