学術論文

基本情報

氏名 上淵 真理江
氏名(カナ) ウエブチ マリエ
氏名(英語) Uebuchi Marie
所属 短期大学 文科
職名 教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

発行又は発表の年月

201701

学術論文名

電話フォーカシングによる社交不安症の大学生との面接過程

単著・共著の別

単著

発行雑誌等又は発表学会等の名称

共立女子短期大学文科紀要

 

 

開始ページ

 

終了ページ

 

概要

本論文では社交不安症を主訴とした共学の大学2年生の女性との砥話による面接過程を示す。それに基づいて、フォーカシング療法を用い、電話によるフォーカシングが可能であることを提案する。クライエントはいじめなど対人関係でつまずいていた。面接の前半ではソーシャルスキルトレーニング、認知療法など様々な心理療法を用いたが、クライエントはなめなかった。そこで「電話フォーカシング」(本論文では「電話フォーカシング」を「電話によるフォーカシング指向心理療法」と定義する)を導入し、電話フォーカシングにより徐々に対人関係が広がっていた。また人と接する恐怖を一人フォーカシングにより軽減することができた。そして自己受容、自信を徐々に持つようになった。この事例から、フォーカシングの利点と限界について考察を行った。利点として電話フォーカシングは侵入的でなく、また利便性があることが考えられる。また限界としては、音声のみに頼ることで表情などの手がかりが読み取れないことなどが挙げられた。最後に電話フォーカシングのエ夫について述べた。