学術論文

基本情報

氏名 上淵 真理江
氏名(カナ) ウエブチ マリエ
氏名(英語) Uebuchi Marie
所属 短期大学 文科
職名 教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

発行又は発表の年月

201407

学術論文名

境界性人格障害~acting outを行っても助かった!!~

単著・共著の別

単著

発行雑誌等又は発表学会等の名称

共立女子大学文学藝術 第38 号 特集「客人]
 「自由題」の領域のもとで提出 pp17-20

 

 

開始ページ

 

終了ページ

 

概要

自傷行為を行ったが奇跡的に一命を取り留めた事例である。カウンセリング当時20代であった筆者が手探りで難易度の高いパーソナリティ障害のクライエントと面接を行ったプロセスと考察を記したものである。クライエントの恋人やアーティストとしての悩み、トラウマ等深刻な悩みが多かった事例である。陽性の転移感情や筆者の陽性の逆転移感情など、かなり濃密な面接であった。