その他の研究業績等に関する事項

基本情報

氏名 宮武 恵子
氏名(カナ) ミヤタケ ケイコ
氏名(英語) Miyatake Keiko
所属 家政学部
職名 教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

翻訳書、学会発表、講演、作品等の名称

卒業式に見る袴の現代的着装の研究Ⅰ-ファッションの視点から-

単・共の別

共著

発行又は発表の年月

201505

その他の分類

学会発表

発行所、発行雑誌等又は発表学会等の名称

服飾文化学会 第16回大会(大妻女子大学)

概要

本研究では、袴着用の実態分析として、継続研究を行ってきたファッション分析の概念で卒業式当日における袴着装の調査データを考察することを目的とした。研究方法は、2014年3月卒業生を対象とした袴のレンタル用のカタログ3冊を資料として構成・提案の仕方、袴の装いの掲載についてデータ化した。また、本学学生の分析は3冊のカタログの提案を比較しながら全体の傾向を分析するとともに、日頃の装いと照らし合わせてクラスター分析を行い、袴の装いについてデータ化を行う。結果は、袴の装いについては、「和」「洋」を取り入れたコーディネートが主流になっている実態がカタログ及び学生の着装分析から理解できた。袴の着装は洋服の着装と同様に流行を捉えてカタログでは提案され、学生は流行を意識して着装している現象を捉えることができた。クラスター別の集計結果は、それぞれの属性に応じて特異性が見られ、「和」「洋」を組み合わせたコーディネートの仕方については特徴的な要素を抽出している。女子学生の袴の装いは、卒業式という場面を楽しむために、日頃の着装と同様にファッションとしての概念で捉えているのはないかと考えられる。(宮武恵子 大塚絵美子 長谷川紗織 田中淑江)