その他の研究業績等に関する事項

基本情報

氏名 宮武 恵子
氏名(カナ) ミヤタケ ケイコ
氏名(英語) Miyatake Keiko
所属 家政学部
職名 教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

翻訳書、学会発表、講演、作品等の名称

国際市場を前提としたファッション・デザインの展開と発展ー製品設計の分析を通してー

単・共の別

単著

発行又は発表の年月

201703

その他の分類

学会発表

発行所、発行雑誌等又は発表学会等の名称

第12回日本感性工学会春季大会 学校法人上田学園 上田安子服飾専門学校

概要

本研究て゛は、2008年から関わってきた科研の結果を踏まえて、ファッシ ョン・テ゛サ゛インを展開・発展させる方法に注目して、あらためて両研究の分析結果を検証する。ラク゛シ゛ュアリー・フ゛ラント゛、 ファストファッション・フ゛ラント゛の分析事例と日本のアハ゜レ ル・SPAフ゛ラント゛との相違点を示すミラノのラク゛シ゛ュアリー・フ゛ラント゛は、絶対的な価値である造形要素て゛ある形・色・素材の構成の展開・発 展の方法か゛、スティリストの創造(クリエイティフ゛)、モテ゛リ スタと縫製工場の技術て゛確立されていたファストファッション・フ゛ラント゛は、トレント゛を発見した際には、そのテ゛ィテールを用いた製品を展開する。視覚的効果を狙える部分、例えは゛裏 地や釦なと゛は、見た目を重視して選択している。か゛、表面的に表れない部分て゛ある副資材や縫製工程においての仕様なと゛ は、徹底的に簡素化の工夫か゛なされていた。