その他の研究業績等に関する事項

基本情報

氏名 宮武 恵子
氏名(カナ) ミヤタケ ケイコ
氏名(英語) Miyatake Keiko
所属 家政学部
職名 教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

翻訳書、学会発表、講演、作品等の名称

ラグジュアリー・ファストファッションブランドにおけるデザイン-製品設計プロセスの調査を基に-

単・共の別

単著

発行又は発表の年月

201803

その他の分類

学会発表

発行所、発行雑誌等又は発表学会等の名称

日本感性工学会 感性商品研究部会 第63回研究会

概要

本研究では、2008年/2012年から関わった日本学術振興会科学研究で取り上げたラグジュアリー・ブランドとファストファッション・ブランドの分析結果を用いて、現在の日本のアパレル・SPAブランドとの類似・相違点を示す。このことにより「なぜ日本のアパレル(ファッション)ブランドは世界に通用しないのか」の課題についても考察した。結果は、日本のアパレル企業におけるSPA確立以前の商品企画は、店頭展開の約半年前に開かれる展示会を基点としていた。時間をかけてブランド独自の製品を開発していた。その時代の製品設計プロセスは、ラグジュアリー・ブランドと類似している。しかしながら、専門職の業務内容の理解、業務領域を乗り越えて関わる姿勢については相違がみられる。一方、現在のアパレル・SPAブランドの業務は、ファストファッション・ブランドの分析から導きだした構造に類似している。これらはSPAの確立に伴って、店頭基点で売れる商品をいかに早く提供することを主にした商品企画であるためと考えられる。