学術論文

基本情報

氏名 深津 謙一郎
氏名(カナ) フカツ ケンイチロウ
氏名(英語) Fukatsu Kenichiro
所属 大学 文芸
職名 教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

発行又は発表の年月

201410

学術論文名

文学研究における語りと視点―芥川龍之介「トロッコ」を中心に―

単著・共著の別

単著

発行雑誌等又は発表学会等の名称

『表現研究』100号、表現学会

 

 

開始ページ

 

終了ページ

 

概要

「第51回表現学会全国大会 〈シンポジウム〉表現における視点」における基調報告を論文化したもの。近代文学研究において、現在、「視点」という語に代わり、「焦点化」という観点が用いられていること、「焦点化」は、どこから語られるかという問題よりも、むしろ、どの視点が選ばれた結果、情報がどのように語られるか、という問題に力点を移すものであったこと、そして、このような「焦点化」という観点が有効なのは、「アイロニー」に代表されるような、視点を変えて語られることで生じる「情報量の落差」が解釈上の問題になる場合であるということを、芥川龍之介「トロッコ」を具体例に概括した。