その他の研究業績等に関する事項

基本情報

氏名 中原 るり子
氏名(カナ) ナカハラ ルリコ
氏名(英語) Nakahara Ruriko
所属 大学 看護
職名 教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

翻訳書、学会発表、講演、作品等の名称

看護基礎教育における模擬的リスク体験と事後セッションの効果-過誤回避方略の獲得と自己効力感の向上-

単・共の別

単著

発行又は発表の年月

200301

その他の分類

学会発表

発行所、発行雑誌等又は発表学会等の名称

第5回日本ヒューマン・ケア心理学会

概要

安全教育の立場から,模擬的与薬過誤体験後の学習の効果を質的に検討するために,看護学生(50名)の感想をデータベースに内容分析を行なった.
その結果,リスク体験後は時間的切迫や多重課題により焦り(15),緊張(28),戸惑い(14)などの否定的感情が多くなった.また,混乱(35)や,注意不足(23)などが生じ,確認作業が不正確になり失敗(45)が起こったことが示された.この経験が不満(38)や後悔(81),自信の喪失,そして将来への不安(25)につながっていた.しかし,セッション後は失敗の自覚から初めは落ち込んだが,仲間やスーパーバイザーの話しを聞き,落ち着き(7)を取り戻し,安心(5)した.さらに自分のリスク要因にも気づくこと(156)ができ,具体的回避方略(107)も発見できた.現場に出る前に回避方略を獲得できたことをよろこび(52)や将来に意欲(50)がわいたことが示された.
発表者:○中原るり子