学術論文

基本情報

氏名 中原 るり子
氏名(カナ) ナカハラ ルリコ
氏名(英語) Nakahara Ruriko
所属 大学 看護
職名 教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

発行又は発表の年月

200701

学術論文名

看護学生における与薬エラー発生の分析およびエラー管理訓練の開発に関する研究(博士論文)

単著・共著の別

単著

発行雑誌等又は発表学会等の名称

筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻発達臨床心理学分野(博士課程後期)

 

 

開始ページ

 

終了ページ

 

概要

(第1研究) 修士論文を踏まえて,リスクマネジメント・安全教育の立場から,あらためて先行研究をレビューし6つの課題を明らかにした.その上で,看護学生の日常生活上のエラーと与薬エラーに及ぼす要因を検討し,さらにそれらを低減する訓練を開発した. 
(第2研究) 認知的エラーに強い影響力を持つ「あせりやすさ」を制御する訓練を作成し,その効果を検討した.あせりやすさを解消するために3週間のスケジュール管理訓練を実施した結果,職業経験のない者にはスケジュール管理が有効であることを明らかにした.
(第3研究) 与薬の実行段階の誤薬やその知覚(過小評価や過大評価)を測定し,それらに時間圧力や被験者の動機づけの強さや学年差などがどのような影響を及ぼすのかについて60名の無作為化比較試験によって実験的に検討した.その結果,①時間圧力はエラーの正確な知覚を阻害すること.②学年差と自己効力感には交互作用が認められることを明らかにした.
(第4研究) 模擬的に与薬エラーを体験できるような訓練を構成し,その後に,参加者が互いにエンパワーしながら自身の危険行動の要因に気づくセッションを実施してその効果を評価した.エラー管理訓練後,参加者の自己効力感は一時的に下がるものの,セッション後には訓練前よりも自己効力感が高まることを明らかにした.